テクニカル分析専門の解説サイト テクニカルブック
目次

TradingViewに投稿されたアイデアをリアルトレードに活用する方法を解説

2023年04月23日 公開 
2024年04月12日 更新
TradingViewに投稿されたアイデアをリアルトレードに活用する方法を解説
投資で稼ぎたいあなたにオススメの記事
今話題の中国株で賢く稼ぐ!
【中国株のオススメ銘柄5選|買い方・選び方も徹底解説
1株からでも買えて優待ももらえる!
少額でも株主優待や高配当を狙えるオススメ銘柄10選
次世代型ツールを無料体験!
TradingViewと連携してリアルトレードできる証券会社|高機能チャートで快適に取引

PR:無料で最高のトレード環境を手に入れよう

TradingViewは最高のチャートツール!

TradingViewは、トレード仲間とつながるSNS機能を有した次世代型チャートツールです。初回限定で、機能が豊富な有料プランを1ヶ月無料で利用可能。ぜひ最高のトレード環境を体験してください。

「TradingViewにアイデアを投稿するってどういうこと?」
「投稿されたFXのアイデアから実用的な情報の選び方を教えて。」
「TradingViewにアイデアを投稿する方法やメリットはなに?」

この記事を読むことで上記の疑問が解決され、以下3つのポイントが分かります。

この記事から分かること

  • TradingViewに無数に投稿されているアイデアの種類
  • リアルトレードに使える投稿アイデアを選んで活用する方法
  • アイデアを投稿する方法とトレード計画をディスカッションする方法

TradingViewは単なるチャートアプリではなく、ユーザー間でコミュニケーションがとれるSNS型の金融プラットフォームです。

リアルタイムチャートを見ながら、エントリーから決済までのトレード方法を相談できるマインド機能も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

目次

TradingViewはアイデアを投稿できる対話型チャートアプリ

TradingView(トレーディングビュー)は投稿されたトレードのアイデアを基に、チャットしたりメッセージを送りあえる対話型のチャートアプリです。

月間利用者数が5,000万人を超える金融メガプラットフォームになった理由は、TradingViewに搭載されたSNSで世界中のトレーダーや投資家と繋がりあえる仕組みにもあります。

高機能チャートを使った小難しいテクニカル分析ばかりでなく、InstagramやTwitterに投稿された海外の方のトレードライフを垣間見れることは、TradingViewの楽しみ方の1つです。

TradingViewに投稿されたアイデア

引用:TradingView公式サイト

TradingViewに投稿されているアイデアを見ていくと、チャート分析を分かりやすく解説したトレード計画にいいね!が付いたり、100コインで1ドルのTradingViewコインが投げ銭されています。

また、人気の投稿アイデアにはコメントが多く寄せられてユーザー同士のチャットがはずみ、投稿者を基点にしたコミュニティ(※)が活性化しています。
(※)市場テーマや銘柄別にトレードや投資についてディスカッションできます。

ユーザーに価値あるアイデアを投稿し続ければ、TradingViewのステータスを示す認証バッジがグレードアップして、一目置かれる存在にもなれます。

さらには、優れたアイデアを投稿すればTradingViewの公式モデレーターにピックアップされ、エディターズピックと呼ばれる特設ページに掲載されて、より多くの人からコメントが寄せられます。

TradingViewは高機能チャートをベースにしたプラットフォームであり、投稿されたアイデアで世界中のユーザーとつながれる対話型のチャートアプリなので、リアルトレードに活かせるアイデアを得られます。

TradingViewに投稿されているアイデアは2種類

TradingViewには、大きく分けて2種類のアイデアが投稿されています。

  • トレードアイデア
  • 教育アイデア

いま市場が注目する旬なアイデアと、時を経ても変わらない相場の本質が詰まったコンテンツです。

まずは各アイデアの見方を紹介します。

トレードアイデア:実践的なトレード戦略

TradingViewでは金融商品を「FX、暗号資産(仮想通貨)、株式、指数、先物、債券」の6つに分類しています。

トレードアイデアでは6つの金融商品について、ユーザーから投稿されたチャート分析、トレード計画、相場予測などが公開されています。

各商品のアイデアが銘柄別に分かれているため、FXを例にして見方を確認していきましょう。

まずは公式サイトにアクセスして「コミュニティ → トレードアイデア → FX」の順に進みます。

TradingViewに投稿されたトレードアイデア

1ページにつき18個掲載されたFXのアイデアが500ページ公開されています。ユーザーが新しいFXのアイデアを投稿する度に更新されていきます。

全通貨ペアのアイデアが表示されるため、リアルトレードの対象銘柄に限定したアイデアの収集方法を紹介します。

まずはアイデアの右横にある「レート」をクリックします。

銘柄のトレードアイデア

FXの通貨ペアは、取引量の大小と地域別で9種類に分類されています。

取引量:主要、マイナー、エキゾチック
地域:アメリカ、ヨーロッパ、アジア、太平洋、中東、アフリカ

ドル円のアイデアを調べるときは「主要(主要通貨ペア)やアメリカ(北・南の国々の通貨ペア)」内にある「USDJPY」をクリックします。

ドル円のトレードアイデア

表示されたドル円のページで中央左にある「アイデア」をクリックすると、ドル円に関するユーザーの投稿が一覧表示されます。

テクニカル分析する際には、画面右上にある「高機能チャートで確認する」をクリックしてください。

トレードアイデアのトップ投稿者

ページ中央に「トップ投稿者」が表示されることを押さえておきましょう。ドル円のアイデアの更新頻度が高い投稿者が上位表示される仕組みで、各アイデアに対するユーザーの評価が高い傾向にあります。

なおFX以外の5つの商品も、同様の手順で銘柄別にトレードアイデアを表示できます。

株式については企業が上場する市場が分かれているため、株式アイデアは各国の市場ごとに分類されています。

株式市場のトレードアイデア

トレードアイデアは、個別銘柄の当日の市場動向を踏まえた実用的な相場分析がたくさんあるので、実際に勝つため・稼ぐための取引に活用すると良いでしょう。

教育アイデア:トレードにおける成功に役立つアイデア

TradingViewの教育アイデアは、トレードで成功するために必要な要素を4つに分類してアイデアが整理されています。

項目内容
トレードツールチャート分析ツールの使い方など
トレードプランエントリーから決済に至るまでのトレード計画など
リスクマネジメント資金管理の方法やポートフォリオの作り方など
トレード心理学心理状態がトレードに及ぼす影響など

教育アイデアの見方について、トレードツールを例にして手順を確認しましょう。

まずは公式サイトにアクセスして「コミュニティ → 教育アイデア → トレードツール」の順に選んでください。

TradingViewの教育アイデア

トレードツールのアイデアには、主にTradingViewの高機能チャートを用いたテクニカル分析が投稿されています。

教育アイデアのトレードツール

特定銘柄のアイデアを探すときは、検索欄をクリックして表示されたパネル内の「アイデア」を選んだ後、検索欄へキーワードを入力してください。

教育アイデアの検索

検索ワードの一部を含む銘柄名に関する投稿アイデアが表示されます。

また、言語設定を日本語にすると日本語のアイデアが優先表示されるため、情報に不足感があれば英語に設定してみましょう。

教育アイデアはトレードで成功するために必要な4つの要素の他にも、先人の知恵や市場の仕組みなども学べるため、相場の本質を学習するために活用すると良いでしょう。

TradingViewでおすすめの投稿アイデアを探す方法

TradingViewの「トレードアイデア」や「教育アイデア」からおすすめの投稿アイデアを探す方法を紹介します。

  • エディターズピック
  • 銘柄ごとのトップ投稿者
  • マインド
  • アイデアストリーム

効率よく優れたアイデアを見つけるため、1つずつ確認していきましょう。

エディターズピック:モデレーターが選んだアイデア集

TradingViewのエディターズピックとは、ユーザーのトレードを優位にする価値あるコンテンツや新たな市場に関する鋭い洞察など、モデレーターが選び抜いた多様性に富んだアイデア集のことです。

モデレーターとは:ユーザーの質問への回答や不適切なコンテンツのチェックなど、プラットフォームの健全な運営のために活動するTradingView公認のメンバーです。

教育や娯楽目的のアイデアが中心に集められ、TradingViewのSNS機能で同じアイデアに興味があるユーザー同士をつなぐ役割も果たしています。

エディターズピックの特設ページを表示する際、公式サイトにアクセスして「コミュニティ → トレードアイデア → エディターズ・ピック」の順に選んでください。

TradingViewのエディターズピック

エディターズピックにはアイデアの検索機能がなく、商品や銘柄による分類もされていないため、各ページをスクロールしながらアイデアを探す必要があります。

エディターズピックのブースト数とコメント数

優れたアイデアを効率よく見つけるため、ブースト数コメント数を参考にしてください

ブースト数とはTwitterのいいねに該当します。1ユーザーにつき1ブーストでアイデアを評価するシステムです。

コメント数は投稿者がユーザーとのコミュニケーションに積極的な場合に多くなります。コメントにある相場の洞察に満ちた考察はトレードの参考になるでしょう。

銘柄ごとのトップ投稿者:アイデア投稿数の多さを基準に表示する

TradingViewでは投稿されたアイデア数が多い人気の銘柄に関して、その銘柄のアイデア投稿数の多さを1つの基準として選別された「トップ投稿者」が表示されます。表示方法は上記「トレードアイデア」を参考にしてください。

人気のドル円でトップ投稿者の見方を確認しましょう。「全期間」にすると古いアイデアが評価対象に含まれるため、今の相場に役立つアイデアを得るには「最近(6つの最新投稿)」を選びます。

トップ投稿者の最近のトレードアイデア

トップ投稿者のパネルに表示される人数は6名です。まずは6名の投稿アイデアを調べ、参考になるようであればフォローしてみてください。

後ほど紹介する「アイデアストリーム」に、フォローしたユーザーの投稿アイデアを自動表示して効率よく情報収集できます。

マインド:チャートに表示している銘柄の投稿アイデアをリアルタイム表示する

TradingViewのマインドでは、今チャート表示している銘柄の投稿アイデアをリアルタイムに表示することができます。

投稿アイデアのコメント欄を活用すれば、チャート分析を基にして、世界中のユーザーとトレード計画について意見交換できる実用的な機能です。

マインドを利用する手順は、チャート画面の右サイドにあるアイコンをクリックするだけです。チャート表示している銘柄の投稿アイデアが一覧表示されます。

TradingViewのマインド

投稿アイデアにはコメント欄が設置されているので、投稿者とトレード計画をディスカッションするのも良いですし、他ユーザーとの意見交換の場として利用することもできます。

アイデアストリーム:フォローしたトレーダーと銘柄のアイデアを表示する

TradingViewのアイデアストリームは、フォローしたトレーダーと銘柄(※)の投稿アイデアを自動表示します。

月間5,000万を超えるユーザー数のTradngViewには無数のアイデアが投稿されるため、最新情報を効率よく確認するために役立ちます。

アイデアストリームを表示する手順は、チャート画面の右サイドにあるアイコンをクリックするだけです。

TradingViewのアイデアストリーム

アイデアが投稿される度に最上部に表示されるので、情報収集の効率化に活用してください。

銘柄をフォローするとは?

TradingViewには、株式・FX・暗号資産(仮想通貨)の各銘柄に関するアイデアをフォローする機能があります。

FXを例にすると、通貨ペアごとに投稿アイデア集のページがあります。

ドル円のアイデアをフォローする

ドル円であれば「USDJPYのアイデアをフォロー」をクリックすることで、ドル円に関する全ての投稿アイデアをアイデアストリームに表示できます。

PR:無料で最高のトレード環境を手に入れよう

TradingViewは最高のチャートツール!

あなたは、現在お使いのチャートツールに満足していますか?

無数のインジケーターを手軽に使えるTradingViewがあれば、今よりも深く、かつ、効果的にチャート分析ができるようになるでしょう。

TradingViewは無料のアカウント登録をするだけで、ほとんど全てのインジケーターやアラートを追加できるなど、本格的に利用することができます。

さらに初回限定で、機能が豊富な有料プランを1ヶ月間にわたって無料で利用可能です。

ワンランク上のトレード環境を手に入れたい人は、ぜひTradingViewをご検討ください。

TradingViewに投稿されたアイデアをFXで活用する方法と具体例

TradingViewに続々と投稿されるアイデアの中から、FXの計画に活用する方法を解説します。

  • エディターズピックの英語の人気アイデアを基にトレードする
  • マインドのコメント欄でチャット相談しながらトレードする

勝率アップに役立つ方法を順番に確認していきましょう。

エディターズピックの英語の人気アイデアを基にトレードする

TradingViewに表示される投稿アイデアは、同じ言語を選択しているユーザーが優先表示される仕様です。

日本語のアイデアが少ないため、エディターズピック(日本語版)には数日前の投稿が表示されています。スキャルピングやデイトレードをする方は、当日使えるトレードアイデアが得られません。

一方で設定言語を英語にするだけで情報量が多くなり、実用的で収益アップに役立つエディターズピックを見つけやすくなります。

エディターズピックの日本語版と英語版

エディターズピックから実用的なトレードアイデアを効率よく探すため、ブースト数とコメント数が多いものを優先しましょう。

それではFXへの活用法として、エディターズピック(英語版)の中からドル円のマルチタイムフレーム分析を解説した動画アイデアを基にしてトレード計画を立てていきましょう。

参考アイデア:USD/JPY Multi-Timeframe & Order Flow Analysis

この投稿アイデアを選んだ理由は、投稿者がトレーダーの共通認識となる「長期トレンドは短期トレンドより優先する」を押さえた上で、長い時間足から短い時間足へと基本を重視した解説をしているからです。

まずはドル円の月足チャートを表示し、サポートゾーンにおけるプライスアクションの解説から始まります。

ドル円の動画アイデア(月足チャート)

1年ほど前にドル円の価格上昇が130円付近のレジスタンスゾーンで抑えられたものの、ブレイク完了(レジサポ転換)後にサポートゾーンとして機能しています。

また、米国CFTCが公開しているドルインデックスのネットポジションより、トレーダー(※)のロング/ショートポジションの保有状況を確認し、ドル円チャートが上昇した背景を補足しています。
(※)商業トレーダー、非商業トレーダー、報告不可を合算

米ドルのNETポジション

続いて、ドル円の週足でサポートゾーンにおけるドル円の反発を確認しています。下方ブレイクの騙しが1回入ったものの、それを覆す上昇で再度サポートゾーンに上乗せしたことから、上昇想定の確度を高めています。

ドル円の動画アイデア(週足チャート)

併せて円インデックスでも2ヶ月前からのネットポジションの推移とドル円との相関性を確認し、チャート分析から得られた上昇可能性の確度を補強しています。

日本円のネットポジション

最後にドル円の日足チャートで、132.5円がレジスタンスゾーンとして働いて上値が抑えられたときと、ブレイクアウトしてからのプライスアクションを解説しています。

ドル円の動画アイデア(日足チャート)

動画アイデアの締めくくりとして、サポートゾーンで反発のプライスアクションを示したら、4時間足またはそれよりも短い足でエントリーを狙うのが良いでしょう、と述べて終えています。

さて、投稿者の想定の通りドル円は132.5円をブレイクしました。そこで損失拡大のリスクをゼロにしつつ、136円までの値幅を狙えるロングの計画を1つ紹介します。

ドル円のデイトレアイデア

ドル円の日足を見ると過去に136円で売買を交錯した後に下放れしており、136円が強いレジスタンスラインであることが分かるため、利益確定の1つの目安になります。

エントリーの方法は、1時間足で132.5円より上で安値切り上げ型のWボトムを形成したときに限定し、133.8円の高値をブレイクしたときにロングです。損切りは直近の安値133円より上の価格です。

「リスク:リターン ≒ 3:1」で期待値の高いデイトレードになります。1時間足でのエントリーの際、安値切り上げ型のWボトムに限定することで勝率とリターンを高めることができます。

この手法はダウ理論の基本原則である「トレンドは明確な転換シグナルが出るまで継続する」に従い、日足以下の時間足で「安値切り上げ・高値更新」を保つ間が有効です。

つまり日足が上昇トレンド入りした中、136円の強いレジスタンスラインまではロングの優位性が高いことを想定したデイトレードとなります。長期トレンドに合わせた順張りのトレード手法として参考にしてください。

なおエディターズピックには、上記のドル円よりさらに過去に遡ってレジスタンスラインとサポートラインを確かめている動画アイデアもあります。

参考:USDJPY I Local short from resistance zone

ドル円の銘柄フォローをしておくことで、アイデアストリームで効率よく情報収集しながら他の投稿者のアイデアを融合したり、不足箇所の補足もできます。

動画アイデアであれば英語が分からなくても描画解説で直感的に分かりますし、テキストであればGoogle翻訳やDeepL翻訳を活用すれば十分です。

チャート分析の基本は言葉の壁を超えて世界共通ですので、動画の字幕や翻訳ツールを使いながら少しずつ学習していくのが良いでしょう。

最後にエディターズピックで実用的な投稿アイデアを効率よく見つける方法のみ押さえておきましょう

  • 設定言語を英語にする
  • ブースト数とコメント数の多さを優先する

さて、数あるエディターズピックを調べる中で「実用的ではないかも?」と感じる方もいるでしょう。設定言語を問わず、エントリーから決済までの価格を示した具体的なレード計画がほぼ見つからないためです。

TradingViewのマインド機能はこのような疑問を解消し、他ユーザーと相談しながらエントリー/利益確定/損切りの価格まで決めることもできます。

マインドのコメント欄でチャット相談しながらトレードする

TradingViewユーザーと同じ通貨ペアのチャートを表示して、マインドに投稿されたアイデアのコメント欄でチャット相談しながらリアルトレードをする方法を紹介します。

マインドはトレードのエントリーから決済までいっしょに決められる実用的な機能です。ドル円を例にして活用法を見ていきましょう。

画面右のアイコンをクリックすると、マインドに投稿されたアイデアが一覧表示されます。ドル円のデイトレードの計画を投稿している方のアイデアを見るため、空白の任意の箇所でクリックします。

マインドでチャット相談

マインドに投稿されたトレードアイデアは以下の通りです。

$USDJPY インデックスもドルが強く、円が弱いので上昇が続くと予測。今週は押し目買い!4時間の抵抗をブレイクで上昇加速、反発するなら、反発して十分下がったところで押し目買い

TradingView「ドル円のマインド」

投稿者は、以前にドル円が133円をブレイクできなかったことから、133円近辺が抵抗帯と考えていましたが、それをブレイクしたので支持帯に転換すると仮定しています。

リアルトレードをする場合、押し目買いの方法を知りたくなりますね。マインドのコメント欄から以下のような質問をしてみてはいかがでしょうか。

『133円上でどのように押し目買いをしますか』
『資金を分割して買い下がりますか。それとも一括購入ですか』
『1時間足や15分足でWボトムなどのチャートパターンを待ちますか』

質問を入力したら「投稿」をクリックします。あなたの質問と投稿者の回答がディスカッションパネルに表示されていきます。

マインドのコメント欄

リアルタイムでチャートを分析しながら、投稿アイデアのコメント欄よりライブチャット形式で次の一手を決めていけます

あなた『15分足が133円で反発して陽線になったけど、ロングする?』
投稿者『まだ133円を割れていく可能性があるから、資金を残して打診買いかな』
あなた『133円上で1時間足のWボトムが作られるのを待った方がいいかな』
投稿者『利幅小さくなるけど、一括購入ならそっちの方が損切り価格が明確で安全だね』

TradingView内でトレード仲間を作り、エントリーから決済までの決定にマインドを活用してみましょう。

TradingViewにアイデアを投稿してトレードに活用する方法

これまでTradingViewに投稿されているアイデアをトレードに活用する方法を解説してきました。

ここからはトレードアイデアを投稿してリアルトレードの話し合いを持ちかけたり、コミュニティの活性化に貢献する方法を解説します。

  • マインドでトレードのリアルタイム相談を受ける
  • チャート分析したトレード計画を公開する
  • スパークで人気投稿アイデアを創る

対象銘柄のトレード計画に絞ってディスカッションを深めることで、トレードの成績を向上させる活用法まで紹介します。

マインドでトレードのリアルタイム相談を受ける

・トレードスタイルがデイトレードまたはスイングトレード
・トレードの対象銘柄は自分で決められる
・自分のトレード計画に自信が持てない

トレードスタイルについて、スキャルピングは相談している時間がないので対象外です。

ドル円などトレードの対象銘柄は決められるものの、エントリーからエグジットまでの想定に自信が持てない方にこそ、マインドの活用をおすすめします。

マインドでアイデアを投稿する際に「稼ぐためのトレード計画について、リアルタイムでチャットしましょう」とコメントを添えてみてください。

アイデアを閲覧する立場で考えると、トレード計画に対して意見することを遠慮するのも当然です。

ただしあなたと同様に、同じチャートを見ながら具体的にどの価格でエントリーしたら良いか、リアルタイムで相談したい人が多いと考えるのが自然でしょう。

月間利用者5,000万人のユーザーがあなたの投稿アイデアにアクセスできます。設定言語を英語にするだけでも、読者の数が大幅増加してコメント欄が有益な情報源となり、ご自身が主役となるコミュニティを発展させることもできます。

また、マインドに投稿したアイデアが有益であれば、100コインで1ドルの価値があるTradingViewコインが贈られてくることもあります。

マインドに表示されたユーザーアイコンにカーソルを当てた後「応援」をクリックし、TradingViewの枚数を決め、メッセージを添えて贈れる仕組みです。

アイデアの投稿者にTradingViewコインを贈る

コインの使い道は、TradingViewの有料プランの支払や、他のユーザーのトレードアイデアに感謝の気持ちを込めた投げ銭です。

マインドにアイデアを投稿して受け取れるTradingViewコインとは

TradingViewではユーザーに価値あるアイデアを投稿することで、TradingViewコインを受け取れることがあります。

TradingViewコインはプラットフォーム内で流通しているトークンで、100コインは1米ドル相当の価値があります。

現在の使い道は限られていますが、プラットフォームの拡大に合わせた有料サービスのリリースとともに、TradingView経済圏での用途が広がりを見せるでしょう。

チャート分析したトレード計画を公開する

アイデア投稿の活用法2つ目は、チャート分析したトレード計画を投稿してアイデアを募ることです。

このときにも「稼ぐためのトレード計画について、エントリーから決済まで具体的に意見交換しましょう」とコメントを添えてみてください。

投稿したアイデアがTradingViewコミュニティで、どんな風に共有されているのかを下図で確認しましょう。

①のパネルが投稿したアイデアが保存される場所で、各ユーザーのアカウントのみ確認できます。

②のパネルがTradingViewコミュニティで共有されている投稿アイデアです。

「トレンド分析」のカテゴリにおける「予測と分析」の中に掲載されています。

公開アイデアの投稿

投稿アイデアのタイトルの通り、ユーロドルのトレード計画を知りたい人が記事を読むので、コメント欄ではユーロドルのトレード計画についてディスカッションを深めていけます。

記事タイトルを「ユーロドルのトレード計画(本日分)リアルタイム相談受付中」とすれば、同じ目的を持つTradingViewユーザーが集まり、本日稼ぐために必要な準備を決めていけるでしょう。

トレード計画を学びたい方は、コメントしてもらえる工夫が必要です。例えば、質問に回答してくれた方への報酬として、100枚のTradingViewコインを贈ることを記載すると効果的です。

稼げる手法を惜しみなく投稿し続ければ、あなたをオーナーとしたTradingViewコミュニティへと発展させることもできるでしょう。

TradingViewのチャートアート美術館

アイデアの独創性・芸術性をチャートで表現できる特設ページがTradingViewのチャートアート美術館です。

銘柄名から連想されるアーティスティックなイメージや、クスッと笑みがこぼれるコミカルなチャートアートまで投稿されています。

TradingViewのチャートアート美術館

画像元:TradingView「CHART ART

選択言語を変えるだけで世界21カ国のチャートアート美術館を鑑賞できるので、ブレイクタイムにお楽しみください。

スパークで人気投稿アイデアを創る

アイデア投稿の活用法3つ目は、スパークで人気投稿アイデアを創造することです。主に株式と暗号資産(仮想通貨)銘柄がテーマ別に分類され、いま旬な分野と関連銘柄を簡単に発見することができます。

TradingViewのスパーク

引用:TradingView「スパーク

スパークの特徴はテーマの分類がユニークなことです。株式と暗号資産の投稿アイデアをヒットさせる材料が豊富に揃っています。

例えば株式のカテゴリは「仕事/娯楽/家庭/産業とインフラストラクチャ/輸送と物流/ファイナンス/環境保護と包括性/世界の国々/その他」に大きく分かれています。

その中の「仕事」だけでも16種類に分類され「MAMAA銘柄:FAANGからアップデート」「女性主導銘柄:世界を支配しているのは誰?」などのキャッチコピーが目を引きます。

株式と暗号資産の創造的な投稿アイデア作りにスパークを活用してみましょう。

TradingViewにアイデアを投稿する際の注意点

TradingViewにアイデアを投稿する際の注意点を説明します。

  • 投稿するアイデアに広告を入れない
  • 無料プランはアイデアを投稿できない
  • マインドは有料プランの契約が必要
  • 投稿したアイデアの削除と非公開への変更ができない
  • 読者が使用する言語に合わせる
  • コメント欄に質問・相談ばかりしない

規約違反をした場合、アカウントが永久停止されることもあります。

知らなかったでは済まされない事態を避けるためにも、事前に確認しておきましょう。

投稿するアイデアに広告を入れない

TradingViewで投稿するアイデアに、広告と見なされる以下のコンテンツを入れてはいけません。

ロゴマーク、外部リンク(Webサイト、他SNS、メッセンジャーアプリ)、外部サイトの言及、Eメール、電話番号、会社名、景品、ウォレットアドレス、その他のあらゆるアナウンスや勧誘

特に投資系インフルエンサーの方は、自社メディアや他SNSのURLリンクを貼らないように注意しましょう。

例外として有料プランのPremiumに契約した方は、投稿したアイデアの下に表示される署名欄に、連絡先と外部リンクを掲載することができます。

Premiumプランで公開できるSNSアカウント

TradingViewの投稿アイデアを基点にしたSNSマーケティング等に活用できます。

無料プランはアイデアを投稿できない

TradingViewの無料プランではアイデアを投稿できないため、公開するには有料プランに契約する必要があります。

アイデア投稿の可否公開アイデアの投稿動画アイデアの投稿
Basic(無料)
Essential
Plus
Premium

無料プランではアイデアにコメントをすることもできません。積極的にトレードアイデアをシェアしたり、SNSを通じてトレード仲間を作りたい場合、有料プランの契約を検討してください。

なお、無料プランのままTradingViewコミュニティに貢献する方法として、投稿者のフォロー、いいねやブーストの付与、プライベートメッセージで応援や感謝の気持ちを伝えることがあげられます。

マインドへの投稿は有料プランの契約が必要

TradingViewのマインドへ投稿するには有料プランの契約が必要です。無料プランのままではコメント欄に書き込むこともできず、閲覧・フォロー・投票(評価)に限られます。

マインドは、他のユーザーとリアルタイムで同じ通貨ペアを分析しながらトレード計画を立てられる画期的な機能です。

利用価値については、上記「マインドのコメント欄でチャット相談しながらトレードする」を参考にしてください。

投稿したアイデアの編集・削除や非公開への変更ができない

TradingViewに投稿したアイデアの編集・削除や非公開(プライベート投稿)への変更は15分以内に制限されています。

15分経過した後、公開アイデアの編集・削除や非公開への変更は一切できないので注意してください。

TradingViewは使命の一つとして、ユーザーとベストプラクティスを共有し、誰にとってもオープンなコミュニティを形成することを掲げています。

公式スタッフであっても15分経過したアイデアの編集・削除は一切できないことから、投稿アイデアの高い信頼性が確保されています。

アイデアの投稿後に編集する可能性がある場合、最初から非公開に設定しておきましょう。

読者が使用する言語に合わせる

TradingViewでは選択した言語の情報が優先して表示されます。読者が日本語を選択していれば、日本語の公開アイデアが上位に表示される仕様です。

日本人の方を中心に読んでもらいたい場合、英語のコンテンツを増やすと想定読者側で上位表示されない可能性が高まります。

TradingViewはハウスルールの中で、サブドメインの言語(読者の選択言語)に従うことを指示しています。

サブドメインから設定言語を確認する

なおサブドメインとは「https://」と「.tradingview.com/」の間のローマ字部分です。

選択言語URL
日本語https://jp.tradingview.com/
ドイツ語(Deutsch)https://de.tradingview.com/
英語(English)https://tradingview.com/ (※)サブドメインなし

コメント欄に質問・相談ばかりしない

TradingViewに投稿されたアイデアのコメント欄から質問と相談ばかりするのを控えましょう。

投稿者の貴重な時間を奪いますし、価値提供しないまま情報のみを得ようとする行為はコミュニティの活性化に貢献しません。

SNS型の金融プラットフォームだからこそ、稼げるアイデアを投稿する価値提供を忘れないようにしましょう。

TradingViewの投稿アイデアをリアルトレードに活用しよう!

TradingViewに投稿されたアイデアは、日々のトレードに活かせる実用的なヒントに溢れています。

選択言語を英語にするだけで「エディターズピック」が倍増し、優れた投稿アイデアを発見する確率がアップします。

その他にも「マインド」の投稿は、同じ銘柄でリアルタイムチャートを見ながらトレード計画のディスカッションまでできるおすすめの機能です。

投稿アイデアが思い浮かばないときは「スパーク」を見てください。ユニークなカテゴリが新鮮な発想を生み出すきっかけになるでしょう。

TradingViewは世界中のトレーダーが集うトレードコミュニティです。日々更新される投稿アイデアを活用して、リアルトレードの成績アップを目指していきましょう。

監 修
Runchaテクニカル分析チーム

トレード体験アプリ「Runcha」は、テクニカル分析チームが監修を行っています。これまでにFXおよび仮想通貨初心者向けの学習アプリを開発し、累計100万ダウンロードを突破。「Runcha」はデモトレードの進化版を目指し、トレード練習の概念を一新します。経験豊富な専門家の協力の下、分かりやすく正確な情報を提供しています。


アドバイザリーボード

当サイトでは、バランスの取れた多様で中立的な意見提言を得ることを目的として、各分野における有識者で構成されるアドバイザリーボードを設置しています。それぞれの専門の立場から、ファイナンシャル教育のあり方や、当サイトの運営などについてアドバイスをもらっています。

内田 まさみ ラジオNIKKEI
日経CNBCの番組パーソナリティ
経済雑誌多数連載中
山中 康司 金融リテラシー協会 代表理事
アセンダント取締役
デモトレードの進化版!過去チャートでFX検証
Runcha-デモトレードの進化版!過去チャートでFX検証
Advan inc.
★★★★☆
ストアで入手
表示
© Technical-book. All rights reserved