テクニカル分析専門の解説サイト テクニカルブック
目次

移動平均線の期間設定で大切なことは?

2022年04月11日 公開 
2023年09月06日 更新
移動平均線の期間設定で大切なことは?

チャートを分析するインジケーターでとても人気のある移動平均線。いざ移動平均線を使ってみるとこんな悩みはないでしょうか。

  • 移動平均線の期間設定はどうやって決めるのか。
  • 人気のある期間設定が知りたい。
  • 無料で使える便利なインジケーターは?

今回の記事は、このような悩みを解決していきます。

移動平均線の期間は多くのトレーダーが使う数値を設定する

移動平均線はとても人気のあるインジケーターなので、期間や設定を調べれば調べるほど一体何が正解か分からなくなってしまいます。でも大丈夫。

移動平均線の期間設定で大切なことは、

多くのトレーダーが採用している数値を使うことです。

トレーダーの数だけ無数にトレード戦略があります。

トレード戦略といえば、相場の勢いについていく順張り、行き過ぎた値動きを狙う逆張り、等間隔の値幅でポジションを取っていくグリッドトレードなどなど。

無数に戦略があるということは、正しい移動平均線の設定値というのは存在しません

ですが、よく使われるパラメータは存在するので、まずはそちらから試してみて、慣れてきたら自分用にカスタマイズするやり方がオススメです。

特によく使われるパラメータは、「5」「25」「75」「200」の4つです。

この4つが人気のある理由は、区切りの良い期間だからです。

  • 設定期間値「5」:株やFXの市場で取引できている月曜日~金曜日の5営業日
  • 設定期間値「25」:1カ月で取引できるのは約25日営業日
  • 設定期間値「75」:約3カ月分(25×3)の営業日
  • 設定期間値「200」:1年で相場が空いている営業日(祝日なども含めると、約200日程度)

このように、人気のあるパラメータはキリの良い区切りが目安で設定されることがあります。期間設定に迷ったら、こちらのよく使われるパラメーターから試してみてはいかがでしょうか。

ここからは、スキャルピング/デイトレード/スイングトレードに分けて、移動平均線の設定例をご紹介します。

スキャルピングの移動平均線設定

スキャルピングとは秒から分単位で取引を行い、小さい利益を積み上げる手法です。

使う時間足も1分足や5分足が一般的。

そして期間20~25といった短中期移動平均線と期間5の短期移動平均線を組み合わせて、直近の値動きについていくのがオススメです。

実際チャートに設定するとこのような表示になります。

デイトレードの移動平均線設定

デイトレードは1時間足~4時間足で長期の値動きを分析し、5分足、15分足、30分足でエントリーを狙うことが多いです。

そこでオススメなのは、長期足に期間25を設定し直近の大きな流れを把握すること、そして取引する時間足のチャートで期間7525を設定し大きなトレンドに逆らわず直近の動きについていくことが重要です。

チャートに設定するとこんな感じです。

スイングトレードの移動平均線設定

スイングトレードはデイトレードよりも更にポジションの保有時間が長く1日~2日、場合によっては1回のトレードが数カ月に及ぶこともあります。

スイングトレードでおすすめな移動平均線の設定期間は、日足や週足で期間525の短中期で直近の大きな値動きを捉えます。そして、実際にトレードする1時間足や4時間足では期間75200で大きなトレンドに逆らわず、焦らずトレードすることが大切です。

チャートに設定するとこんな感じになります。

ゴールデンクロスとデッドクロスによる取引

次に、スキャルピング、デイトレード、スイングトレード、全ての取引で使える移動平均線を組み合わせた取引タイミングについて紹介します。

長期の移動平均線を短期の移動平均線が下から上に突き抜けた時を、ゴールデンクロスとよび、一般的に買いサインの1つとして言われています。

反対に長期の移動平均線を短期の移動平均線が上から下に突き抜けた時をデッドクロスとよび、一般的に売りサインの1つとして言われています。

MT4で使える無料で便利な移動平均線インジケーター

最後に、MT4の無料で使えるインジケーターをご紹介します。

これを使うと、上で設定したように1つのチャートで簡単に移動平均線を2つまとめて設定することができます。

更にゴールデンクロス・デッドクロスが発生した時に、音を鳴らしたり、メールを送信することができます。

是非、使ってみてください。

https://fx-d.jp/mt4/mt4-indicator/mt4-ma/2ma-crossovermq4.html

なお、以下の記事では移動平均線に関する論点をまとめて解説しているので、移動平均線についてより詳細に知りたい人はこちらも併せてチェックしていただければと思います。

監 修
Runchaテクニカル分析チーム

トレード体験アプリ「Runcha」は、テクニカル分析チームが監修を行っています。これまでにFXおよび仮想通貨初心者向けの学習アプリを開発し、累計100万ダウンロードを突破。「Runcha」はデモトレードの進化版を目指し、トレード練習の概念を一新します。経験豊富な専門家の協力の下、分かりやすく正確な情報を提供しています。


アドバイザリーボード

当サイトでは、バランスの取れた多様で中立的な意見提言を得ることを目的として、各分野における有識者で構成されるアドバイザリーボードを設置しています。それぞれの専門の立場から、ファイナンシャル教育のあり方や、当サイトの運営などについてアドバイスをもらっています。

内田 まさみ ラジオNIKKEI
日経CNBCの番組パーソナリティ
経済雑誌多数連載中
山中 康司 金融リテラシー協会 代表理事
アセンダント取締役
デモトレードの進化版!過去チャートでFX検証
Runcha-デモトレードの進化版!過去チャートでFX検証
Advan inc.
★★★★☆
ストアで入手
表示
© Technical-book. All rights reserved