テクニカル分析専門の解説サイト テクニカルブック
目次

FXの勉強方法|独学向きのアプリや実戦重視のサロンを紹介【FX初心者】

2022年10月16日 公開 
2023年02月09日 更新
FXの勉強方法-アイキャッチ

世界中のプロが集まるFX市場で稼ぐには、知識と技術が必要です。

もし一切の勉強をせずにFXをやると、どうなってしまうのでしょうか?

よくある失敗パターンと、負けないための対策について紹介します。

FXのよくある失敗パターン

パターン1:いつまでたっても損切りできない

「チャートは常に上下しているんだから、損切りさえしなければいつかは勝てる!」

そう信じて待ち続けていたものの、含み損はどんどん拡大。

チャートが気になって、仕事でもプライベートでも上の空の状態が続いていました。

精神的にもボロボロになった頃、ついに必要な証拠金が尽きて強制ロスカットへ。

口座に入れていたお金をすべて失ってしまいました。

パターン2:ポジポジ病でトレードせずにはいられない

「あっ上に行きそう! 違った、下か!? やっぱり上かも!」

チャートが上に行くなら買い、下に行くなら売りをすればいいという知識だけで始めたFX。

チャートが予想していた方向にすんなり動かずイライラしてしまい、そのたびに損切り&再エントリーを繰り返しました。

しかし「買うと下がり、売ると上がる」の繰り返し。

たった数時間の揉み合い相場で、かなりの損失を出してしまいました。

パターン3:一発逆転狙いの危険なトレード

「損失を取り戻したい……!」

FXで負けるたびに焦りが募り、失ったお金を取り戻すことしか考えられなくなっていました。

損切り10回分の損失を1回で取り戻すため、通貨量を10倍にしてトレード。

一瞬含み益が出て喜んだのも束の間、相場は予想と反対の方向へぐんぐんと動いていきました。あまりのショックに、しばらく呆然。

10倍の損失がトドメとなり、口座が破綻してしまいました。

FXの正しい勉強方法

どの事例も正しい損切りルールやチャートの見方などを学んでいれば、損失を防げたケースです。

FXで利益を得たいなら、基本的な知識を学ぶことは欠かせません。

一方、FX博士と呼べるほどの知識をもっていても、実際のトレードに活かせなければ思うように資金は増えていきません。

ここからは、知識と経験の両方を身につけられるFXの正しい勉強方法を解説します。

毎日の振り返りを欠かさない

FX初心者は、勝敗ばかりに気を取られて毎日の振り返りが疎かになってしまいがちです。

買いエントリーと利益確定のチャート

このトレードでは利益を得られたものの、次のような反省すべきポイントがあります。

買いエントリーに対する振り返りのチャート
  • 直前の流れに逆らった危険なトレードかもしれない……。
  • 含み損を我慢していたら、たまたま上昇していっただけで、さらに下げる可能性もあったのではないか?
  • そもそも自分の決めたトレードルールに合致しているか?

それにもかかわらず「やったー!勝てたぞ!」で終わってしまうと、後日別の相場で誤ったトレードをしてしまうかもしれません。

正しいトレードを繰り返すからこそ、資金は増えていきます。

目の前の利益にとらわれず、トレードの正当性を毎日振り返るようにしましょう。

過去チャートを検証する

相場が動いていない土日は、過去チャートの検証を行うのがおすすめです。

ただチャートを遡るだけではなく、「もし自分がこの日トレードするとしたら、どこだろう?」と考えながら見ることで理解が深まります。

過去のチャートを見る中で気付いたことはメモに残しておき、後日実際のトレードに活かしましょう。

トレード練習アプリならRuncha

使用しているFX口座によっては、過去のチャートを遡れないこともあります。

そこでオススメなのが、トレード練習アプリ『Runcha』です。

約20年分のチャートデータが搭載されており、アプリをダウンロードすれば、簡単に過去検証を行えます。

リーマン・ショックや東日本大震災時など、大きな動きのあった相場を「イベント」としてピックアップしているのもポイントです。

トレーダーならやっておくべき相場がすでに用意されているので、FX初心者でも迷わずトレードの練習ができます。

詳細はこちらをご覧ください。

「Runcha」デモトレードに変わるトレード練習アプリ

FXジムCATでプロから学ぶ

独学では、つい勉強をサボってしまう人もいるでしょう。

また間違った方向へ進んでいても、自分一人では気づけませんよね。

FXジムCAT』では、サロン生一人ひとりにトレーナーがついて、しっかりサポートしてくれます。

教える内容も、専業トレーダー歴15年以上の講師momo styleの監修によるものです。

勝てる手法を正しく学んで、最短ルートで勝てるトレーダーを目指しましょう。

詳細はこちらをご覧ください。

FXジム CAT ~マンツー指導でトレードスキル習得~ – DMMオンラインサロン

FXの勉強を継続するコツは1日の目標を小さくすること

オススメのアプリやオンラインを紹介しましたが、どちらも継続しなければあまり効果は得られないでしょう。

仕事や家事に忙しくFXの勉強時間をなかなか確保できない人は、まずはFXの勉強の習慣化に集中してください。

習慣化のコツは、「1日の目標を限りなく小さくすること」だといわれています。

例えば腹筋を習慣にしたいときは、1日の目標を100回ではなく1回に設定します。

どんなに忙しいときも「1回ならやっておくか」と思いますよね。

さらに実際に1回腹筋をしてみると、「せっかくだから10回くらいやっておこうかな」と思うかもしれません。

この繰り返しで徐々に毎日腹筋をするのが当たり前になっていきます。

積み上げる人のイラスト

FXの勉強も同様です。

例えば1日の目標を

  • とりあえずチャートを見る
  • Runchaで1回だけトレードする
  • オンラインサロンの動画を1本見る

など、すぐにできることに設定しておくと続けやすくなります。

毎日少しずつでも勉強を続けていくと、ある日突然チャートの見え方が変わったり、必勝パターンに気づけたりします。

初心者トレーダーを少しでも早く脱したいなら、どんなに忙しいときも必ず毎日FXに触れるようにしましょう。

このほかFX全般については、こちらの記事で詳しく解説しました。

FXを安全に始め、かつ勝てるようになりたい人は必見です。

監 修
Runchaテクニカル分析チーム

トレード体験アプリ「Runcha」は、テクニカル分析チームが監修を行っています。これまでにFXおよび仮想通貨初心者向けの学習アプリを開発し、累計100万ダウンロードを突破。「Runcha」はデモトレードの進化版を目指し、トレード練習の概念を一新します。経験豊富な専門家の協力の下、分かりやすく正確な情報を提供しています。


アドバイザリーボード

当サイトでは、バランスの取れた多様で中立的な意見提言を得ることを目的として、各分野における有識者で構成されるアドバイザリーボードを設置しています。それぞれの専門の立場から、ファイナンシャル教育のあり方や、当サイトの運営などについてアドバイスをもらっています。

内田 まさみ ラジオNIKKEI
日経CNBCの番組パーソナリティ
経済雑誌多数連載中
山中 康司 金融リテラシー協会 代表理事
アセンダント取締役
デモトレードの進化版!過去チャートでFX検証
Runcha-デモトレードの進化版!過去チャートでFX検証
Advan inc.
★★★★☆
ストアで入手
表示
© Technical-book. All rights reserved