テクニカル分析専門の解説サイト テクニカルブック
目次

【5分で完結】MT4/MT5でRCIを表示する方法|ダウンロードから設定まで実際の画面で解説

2022年03月10日 公開 
2023年12月28日 更新
MT4/MT5のRCI

RCIの表示によってレンジ・トレンド相場の過熱感が分かる

RCIは相場の過熱感や強弱を読み取るために表示するテクニカル指標系のオシレーターです。

現在の価格が買われすぎているのか売られすぎているのか、もっと買われそうなのかもっと売られそうなのか、+1(100%)から−1(100%)の数値の間でグラフ表示し、視覚的にそれらを判断することができる様になります。

RCIインジケーターの特徴やメリット

RCIを表示させたMT4チャート

RCIは、他の過熱感を見るオシレーターと違い、価格だけではなく時間の要素も組み込まれています。

そのため、レンジ相場だけではなくトレンド相場でも使いやすいのがRCIの特徴です。

手法によっては、逆張りにも順張りにも使えます。

MT4、MT5でRCIを表示する方法

さっそくチャートにRCIを適用しようとインジケーター一覧を表示して探してみても、どこにも見当たらないと思います。

実はメタトレーダーにはRCIが初期搭載されていません。

ですので、外部からRCIをダウンロードをすることから始める必要があります。

RCIがダウンロードできるサイトは、検索サイトで「RCI MT4(MT5) ダウンロード」と検索すればたくさん出てくるので、ご自身で良さそうなサイトを選んでください。

手順1.RCIのダウンロード

適切なサイトを探して、RCIのインジケーターファイルをダウンロードします。

なお、MT4とMT5のインジケーターファイルに互換性はありません。

そのため、ダウンロード時はご自身が使っているソフトがMT4とMT5のどちらなのかを確認の上、対応したファイルをダウンロードするよう注意してください。

手順2.RCIのインストール

MT4の場合

MT4を起動し、メニューバーから「ファイル」➡︎「データフォルダを開く」を選択する

MT4でのRCIのインストール

開いたフォルダ内から「MQL4」を選択する

MQL4の選択

開いたMQL4フォルダ内から「Indicators」を選択する

Indicatorsの選択

このIndicatorsフォルダ内にダウンロードしたRCIファイルをドラッグ&ドロップ、またはコピー&ペーストして追加する(拡張子が「mq4」となっているか確認してください)

ファイルのドラック&ドロップ

MT5の場合

MT5を起動し、メニューバーから「ファイル」➡︎「データフォルダを開く」を選択する

MT5でのRCIのインストール

開いたフォルダ内から「MQL5」を選択する

MQL5の選択

開いたMQL5フォルダ内から「Indicators」を選択する

indicatorの選択

開いたIndicatorsフォルダ内から「Examples」を選択する

Examplesの選択

このExamplesフォルダ内にダウンロードしたRCIファイルをドラッグ&ドロップ、またはコピー&ペーストして追加する(拡張子が「mq5」となっているか確認してください)

ファイルのドラッグ&ドロップ

手順3.MT4、MT5の再起動

手順2まで完了したら、MT4、MT5を再起動してください。再起動すると反映され、インジケーターの中にRCIが表示されるようになります。

(再起動する方法以外に、①ナビゲーターを表示する、②ナビゲーター上で「右クリック」➡︎「更新」という手順で反映させることも可能です。)

RCIの設定

それではインストールしたRCIをチャートに適用します。インジケーターの適用方法は以下の手順で行えます。

手順1. MT4、またはMT5を起動する

手順2.メニューバーから「挿入」➡︎「インディケーター」を選択する

RCIの挿入

手順3.プルダウンメニューから「カスタム」➡︎「RCI」を選択する(ダウンロードしたファイル名がRCIではない場合はその名前を選択してください)

カスタムから選択

適用が完了しましたら画面上にプロパティが表示されます。ここではパラメーター画面の簡単な説明を行います。

上限と下限の設定

RCIウインドウの上限と下限の設定を行います。参考サイトからダウンロードしたインジケータの場合は、上限を「1」、下限を「−1」とするのが設定します。

上限下限の設定

期間の設定

パラメーターの[rangeN]と[Maxrange]にRCIの設定したい期間を入力します。必ず双方に同じ数字を入力してください。

期間の設定

色と線の太さの設定

ウインドウ上でRCIを表示する線の太さと色を決めることができます。

色線太さの設定

レベルの設定

RCIウインドウにレベルを表示することができます。買われすぎ売られすぎの目安となるラインを表示します。参考サイトからのインジケータの場合は「0.8」と「−0.8」を設定します。

レベルの設定

最後に「OK」を押して設定を確定します。

するとMT4、MT5のチャート下部にRCIがサブウインドウで表示されます。

RCI表示の完了

RCIのアラート機能の設定

アラート機能があるRCIインジケーターを利用すれば、特定のタイミングで通知を受け取れます。

RCIのアラート

こちらは『FXキーストーン』で配布されているインジケーター「keys_RCI3」を表示させたチャートです。

「keys_RCI3」にはさまざまなアラート機能があり、上記画像では、±80ラインを折り返した時にサインを点灯させています。

RCIのアラート

また複数のラインを表示させ、そのクロスでアラートを送ることも可能です。

インジケーターの設定や使い方については、ダウンロードページにて詳しく解説されています。

「keys_RCI3」のダウンロードはこちら

RCIで3本線(短期、中期、長期)を表示する方法と期間の設定

RCIは3本を同時表示することで多くの情報を一度に得ることができる様になります。ただし、適当に設定した期間を使用しても得られる情報に信憑性はありません。この項目では一般的なRCIの短期、中期、長期の期間設定とその役割を解説していきます。

短期RCIは期間「9」で表示

すでにRCIをチャートに適用していると思いますので、まずは短期のRCIを設定して見ましょう。

使用する期間は「9」です。上記の設定項目2の期間の設定で「9」を入力しましょう。

1時間足であるならば9時間、日足であるならば9営業日の期間内の価格と時間で計算を行います。

短期に設定したRCIは反応が良く、ローソク足の値動きに対して連動する様に動くので主にエントリー判断に使用します。

短期RCIの表示

3本を同時に表示する方法

MT4、MT5ではRCIの期間設定は1つしかありませんが、ここに2本目と3本目のRCIを追加していきます。

手順1.MT4、MT5のチャートでナビゲーターを開く

ナビゲーターの表示

手順2.ナビゲーター内の「RCI」インジケーターをすでにRCIが表示されているサブウインドウにドラッグ&ドロップする

RCIをサブウインドウにドラッグ&ドロップ

この2つ手順を踏むことでRCIをサブウインドウ内で重ねて表示することができる様になります。3本のRCIを使う場合はこの手順をもう一度繰り返してください。

またRCIを適用した際にパラメーター画面が開きますので、指定したい期間を設定していきましょう。

期間の設定

中期RCIは期間「26」で表示

中期のRCIに使用する期間は「26」です。1時間足であるならば26時間、日足であるならば26営業日の期間内の価格と時間で計算を行います。設定項目3の色と太さの設定で短期RCIとは違う色を選択しておきましょう。

中期のRCIは直近の流れに従いやすいので、中期RCIの位置によって現在がトレンドなのかレンジなのかの判断に使用します。

中期RCIの表示

長期RCIは期間「52」で表示

長期のRCIに使用する期間は「52」です。1時間足であるならば52時間、日足であるならば52営業日の期間内の価格と時間で計算を行います。

設定項目3の色と太さの設定で短期RCI、中期RCIとは違う色を選択しておきましょう。

長期のRCIは長い期間の価格と時間を考慮しているため、その傾きによりトレンドの確認をすることが主な役割となります。

長期RCIの設定

まとめ:RCI表示画面のカスタマイズ

これでMT4、MT5に3本のRCIを表示することができました。

するとチャート画面上にサブウインドウが表示されたので、ローソク足の表示部分が少し横長に変化しています。

それでは最後にサブウインドウの大きさを変更してみます。

ローソク足をメインに見ている方はサブウインドウが表示されるエリアをもう少し狭くしたいでしょうし、RCIをもっと細かく見たい方はサブウインドウをもっと広げたいかもしれません。

サブウインドウの大きさは簡単に変更できます。

  1. メインエリアとサブウインドウの境目にあるラインにマウスポインターを合わせる
サブウインドウの幅調整
  1. ポインターが変化したらクリックしてホールド。
サブウインドウの幅調整
  1. そのまま動かせるので、好きな大きさの位置でマウスを離す
サブウインドウの幅調整

RCIだけでなくサブウインドウの大きさはどのオシレーターでも変更方法は同じです。

MT4、MT5に3本のRCIを表示させてご自身のトレードをもっと優位に取引できる様にカスタマイズしておきましょう!

RCIの全てをまとめた記事です。

この記事ではRCIをMT4,MT5で使用することについて詳しく説明しましたが、RCIについて詳しく知りたい場合は、RCIまとめ記事を参考にしてください。

監 修
Runchaテクニカル分析チーム

トレード体験アプリ「Runcha」は、テクニカル分析チームが監修を行っています。これまでにFXおよび仮想通貨初心者向けの学習アプリを開発し、累計100万ダウンロードを突破。「Runcha」はデモトレードの進化版を目指し、トレード練習の概念を一新します。経験豊富な専門家の協力の下、分かりやすく正確な情報を提供しています。


アドバイザリーボード

当サイトでは、バランスの取れた多様で中立的な意見提言を得ることを目的として、各分野における有識者で構成されるアドバイザリーボードを設置しています。それぞれの専門の立場から、ファイナンシャル教育のあり方や、当サイトの運営などについてアドバイスをもらっています。

内田 まさみ ラジオNIKKEI
日経CNBCの番組パーソナリティ
経済雑誌多数連載中
山中 康司 金融リテラシー協会 代表理事
アセンダント取締役
デモトレードの進化版!過去チャートでFX検証
Runcha-デモトレードの進化版!過去チャートでFX検証
Advan inc.
★★★★☆
ストアで入手
表示
© Technical-book. All rights reserved