テクニカル分析専門の解説サイト テクニカルブック
目次

【最強の使い方】RCIの効果的な設定方法|パラメータや時間足をトレードスタイル別に解説

2022年03月10日 公開 
2023年12月28日 更新
RCIの最強設定-アイキャッチ

PR:無料で最高のトレード環境を手に入れよう

TradingViewは最高のチャートツール!

TradingViewは、トレード仲間とつながるSNS機能を有した次世代型チャートツールです。初回限定で、機能が豊富な有料プランを1ヶ月無料で利用可能。ぜひ最高のトレード環境を体験してください。

期間の違う3本のRCI最強設定とその役割

RCIを使用する時に3本表示とするのが最近では一般的です。

長期、中期、短期のRCIを同時表示することで売買タイミングから割高割安の判断、トレンドの判断など売買をするにあたっての情報が凝縮されます。

ここでは一般的に各RCIに適用する期間とその役割について解説していきます。

短期RCIの期間設定は「9」でエントリー判断に使う

短期RCIに適用する期間は「9」を使用するのをお勧めします。

このRCIは比較的動きが緩やかなRCIの中でも価格に敏感に反応するので、エントリー判断をする時に使用します。

例えば長期や中期のRCIとクロスしたタイミングや、±80のレベルから戻ってきたタイミングでエントリーするなど、売買シグナルとしてのトリガーの役割として使われます。

9を使用する理由は後述するサイクルの考え方で、短期的な波の流れが終わるまでが9期間という考え方で採用している方が多いからです。

9期間ということは日足なら9営業日、週足なら9週間(約2ヶ月)となります。

また中期RCIの半分ということで13を使用する場合もありますが、反応が鈍くなるのでエントリーのトリガーとしては若干遅れることになります。

短期RCIの期間設定

中期RCIの期間設定は「26」でトレンド・レンジの分析ができる

中期RCIに適用する期間は「26」を使用するのをお勧めします。

このRCIは価格の流れに沿った動きをしますので、その傾きや位置によってトレンド分析やレンジの判断をするのに使用します。

例えば中期RCIが±80のゾーンから戻ってきたタイミングでトレンドの転換が行われる可能性が示唆されますし、±80のレベルに達しないまま推移していた場合は方向感が喪失している状態だと判断することができます。

26を使用する理由もサイクルの考え方で、中期的な波の流れが終わるまでが26期間とされていることでこちらも採用している方が多いです。

26期間ということは日足なら26営業日、週足なら26週間(半年間)となります。

中期RCIの期間設定

長期RCIの期間設定は「52」で相場の大まかな方向性を見る

長期RCIに適用する期間は「52」を使用するのをお勧めします。

このRCIは長い期間の価格と時間(期間)を考慮したものですので、相場の大まかな方向性を見るために使います。

例えば長期RCIが上向きに傾いているのならば大勢は上昇方向となるので、中期RCIや短期RCIが下向きだとしても長期RCIの方向に回帰するかもしれないという判断をつけることもできます。

52を使用する理由もサイクルの考え方で、長期的な波の流れが終わるまでが52期間とされていることで採用している方が多いからです。

52期間ということは日足なら52営業日、週足なら52週間(1年間)となります。

長期RCIの期間設定

RCI最強設定となる期間が機能するのは多くのトレーダーが使っているから

さて、上記で各RCIの期間をお勧めしましたが、この期間が意識されやすい理由があります。

実はこの期間は「一目均衡表」のパラメータ初期値と同じ数値となっています。

一目均衡表の初期値は、転換線が9、基準線が26、先行スパンが52となっています。

一目均衡表の考え方の中には「時間論」というものがあり、ざっくりいうと値動きの変動サイクルを時間観測を基に分析するといったもので、価格よりも時間概念を重要視する分析方法で世界中で使われています。

※サイクルとは一定の間隔で同じ事象が繰り返されることを総称して指します。

RCIの期間設定理由

つまり、時間概念を取り入れた分析では「9、26.52」という期間は世界的にスタンダードな考え方で、もちろん時間に順位をつけるRCIにおいてそれは例外ではなく、RCIを使用しているトレーダーの多くはこの数値を採用していると考えられます。

多くの方が採用し意識することでしかテクニカル指標は機能しませんので、世界的なスタンダードの数値を使用しておくことで多くのトレーダーと同じ目線を共有できるということになります。

PR:無料で最高のトレード環境を手に入れよう

TradingViewは最高のチャートツール!

あなたは、現在お使いのチャートツールに満足していますか?

無数のインジケーターを手軽に使えるTradingViewがあれば、今よりも深く、かつ、効果的にチャート分析ができるようになるでしょう。

TradingViewは無料のアカウント登録をするだけで、ほとんど全てのインジケーターやアラートを追加できるなど、本格的に利用することができます。

さらに初回限定で、機能が豊富な有料プランを1ヶ月間にわたって無料で利用可能です。

ワンランク上のトレード環境を手に入れたい人は、ぜひTradingViewをご検討ください。

時間足毎のRCI最強設定はあまり意味がない

時間足ごとにRCIのパラメータを変更するかどうかというのは永遠のテーマですが、上述の理由により変更することに意味はあまりありません。

過去検証などで一時的に効きやすい期間設定というものは存在しますがカーブフィッティングの域をでませんので、時間足ごとにパラメーターを変えるのではなく、取引スタイルによってRCIを確認する時間足を変えるほうが効果的な分析方法となります。

次の項目では取引する時間軸によってスタイル分けをして解説していきます。

取引スタイル毎のRCIの時間軸

ここでは

  • スキャルピング
  • デイトレード
  • スイングトレード

の3つに取引スタイルを分けてRCIを確認するオススメの時間軸をご紹介します。

必ずこの時間軸にしなければいけないわけではないですが、例えばスキャルピングをしているのに日足のRCIを見ていても意味がないわけです。

しかしあれもこれもと時間軸をコロコロ変えて見ていても、目線の方向は定まりません。

そこでそれぞれの取引スタイルの特徴にあったイメージの時間軸をお伝えします。

ただし時間軸には個人の感覚が含まれるので各スタイルには前提条件をつけさせていただきました。

スキャルピングでは5分足を表示

【前提条件:ポジションの保有時間が1分から30分以内で完結する取引】

スキャルピングで取引をする際にRCIを表示する時間軸は5分足です。

短期的で一時的な反発を狙うので短期RCIをうまく使って瞬間瞬間を切り取るように使いましょう。

デイトレードでは1時間足を表示

【前提条件:ポジションの保有時間が1時間から12時間以内で完結する取引】

デイトレードで取引をする際にRCIを表示する時間軸は1時間足です。

その日に相場が動きやすいであろう方向へポジションを持ち、値幅に関係なくその日に動いた値動きだけを狙うので、トレンドの目安となる中期RCIの方向をうまく使うのがコツです。

スイングトレードでは4時間足を表示

【前提条件:ポジションの保有時間が2日から2週間以内で完結する取引】

スイングトレードで取引をする際にRCIを表示する時間軸は4時間足です。

4時間足となると週足にまで影響を及ぼす長い時間軸ですので、相場の向かう先へ狙いをすますように長期RCIの方向に逆らわないトレードが必須となります。

まとめ:RCI最強設定の期間は一番使われている数値

インジケーターやオシレーターにとってどの期間設定が最適かというのは永遠のテーマです。

一見効いていそうなオリジナルの期間を設定しても、他のトレーダーが見ていない期間設定であれば意識されることはありません。

最強の期間設定とは一番多く使われている数値ということです。

あまり、ごちゃごちゃといじらずに一般的と言われる数値で設定したインジケーターを使用することが効果的に使うコツだと思います。

RCIの全てをまとめた記事です。

この記事ではRCIの設定や期間について詳しく説明しましたが、RCIについて詳しく知りたい場合は、RCIまとめ記事を参考にしてください。

監 修
Runchaテクニカル分析チーム

トレード体験アプリ「Runcha」は、テクニカル分析チームが監修を行っています。これまでにFXおよび仮想通貨初心者向けの学習アプリを開発し、累計100万ダウンロードを突破。「Runcha」はデモトレードの進化版を目指し、トレード練習の概念を一新します。経験豊富な専門家の協力の下、分かりやすく正確な情報を提供しています。


アドバイザリーボード

当サイトでは、バランスの取れた多様で中立的な意見提言を得ることを目的として、各分野における有識者で構成されるアドバイザリーボードを設置しています。それぞれの専門の立場から、ファイナンシャル教育のあり方や、当サイトの運営などについてアドバイスをもらっています。

内田 まさみ ラジオNIKKEI
日経CNBCの番組パーソナリティ
経済雑誌多数連載中
山中 康司 金融リテラシー協会 代表理事
アセンダント取締役
デモトレードの進化版!過去チャートでFX検証
Runcha-デモトレードの進化版!過去チャートでFX検証
Advan inc.
★★★★☆
ストアで入手
表示
© Technical-book. All rights reserved