テクニカル分析専門の解説サイト テクニカルブック
目次

5人に1人が投資詐欺と接触!AI投資利用者の約80%が被害に遭う危険と隣り合わせ|過去1年間における投資詐欺への接触調査から身近に潜むリスクの実態が明らかに

2023年11月07日 公開 
2023年11月07日 更新
投資詐欺の実態調査
投資で稼ぎたいあなたにオススメの記事
今話題の中国株で賢く稼ぐ!
【中国株のオススメ銘柄5選|買い方・選び方も徹底解説
1株からでも買えて優待ももらえる!
少額でも株主優待や高配当を狙えるオススメ銘柄10選
次世代型ツールを無料体験!
TradingViewと連携してリアルトレードできる証券会社|高機能チャートで快適に取引

テクニカル分析専門サイト『テクニカルブック』は、投資詐欺の遭遇状況を調査する目的で、20歳以上の男女7,730名を対象にアンケートを行いました。本調査からは、日常生活において投資詐欺が身近に潜んでいる実態が見えてきました。

※本記事では、プレスリリースに掲載していない調査データも紹介しています。より詳細な補足情報を確認したい方は、ぜひ記事全文をご覧ください。

調査サマリー

今回の調査結果に関する概要は以下の通りです。

  1. 過去1年間に投資詐欺に遭った・勧誘を受けた人は20.3%にも上る
  2. 若い世代の方が投資詐欺に接触しやすくなる傾向、20代では32.3%にも
  3. 職業別の接触率1位は学生で36.7%、2位は経営者・役員で35.1%、3位は会社員で27.7%
  4. 東京は26.3%と全国平均より投資詐欺に触れる割合が高め、地域別では四国が26.4%で1位
  5. AI投資に取り組んでいる人の79.0%が投資詐欺に接触している
  6. FXは開始時と上級者になる段階で、投資詐欺と接触しやすい傾向

調査の実施概要

調査機関 :自社調査
調査方法 :インターネット調査(株式会社ジャストシステム「Fastask」)
対象エリア:日本全国
対象者  :20歳以上の男女
調査期間 :2023年10月11日~10月18日
有効回答 :7,730名

主な調査結果

1.過去1年間に投資詐欺に遭った・勧誘を受けた人は20.3%にも上る

投資詐欺に遭遇した経験

過去1年間における投資詐欺に接触した経験について質問したところ、「投資詐欺に遭遇した」と回答した人が8.0%、「投資詐欺と疑われる勧誘を受けた・商材を見かけた」と回答した人が12.3%という結果になりました。

両者を合計すると20.3%となり、5人に1人が過去1年においてなんらかの投資詐欺に接触したことがあるということになります。投資に興味のない人も含めて幅広く行った調査であることを踏まえると、投資詐欺は日常生活において身近に存在するリスクといえそうです。

2.若い世代の方が投資詐欺と接触しやすくなる傾向、20代では32.3%にも

投資詐欺の経験に関する調査結果を年齢別に集計したところ、以下のグラフのようになりました。

投資詐欺に遭遇した経験(年齢別)

「投資詐欺に遭遇した」または「投資詐欺と疑われる勧誘を受けた・商材を見かけた」と回答した人の割合は、20代が32.3%、30代が24.9%、40代が18.6%、50代が14.4%、60代以上が11.9%です。このように、若い世代の方が投資詐欺に接触する機会が多いという結果になりました。

さらに男女別・年齢別で集計したのが、以下のグラフです。

投資詐欺に遭遇した経験(年齢別・男女比較)

男性における「投資詐欺に遭遇した」または「投資詐欺と疑われる勧誘を受けた・商材を見かけた」の合計割合は、20代が29.3%、30代が30.9%、40代が24.1%、50代が19.2%、60代以上が14.4%でした。20代よりも30代がやや高く、30代がピークとなって40代以上は減少していきます。

また、40代以上では「投資詐欺に遭遇した」の割合が30代の半分以下へと大きく減少しており、投資詐欺に接触したとしても実際に巻き込まれるリスクは低くなっていくことがうかがえます。

女性における「投資詐欺に遭遇した」または「投資詐欺と疑われる勧誘を受けた・商材を見かけた」の合計割合は、20代が35.1%、30代が19.2%、40代が13.5%、50代が9.3%、60代以上が9.5%でした。20代が突出して高く、30代になると大きく減少するのが特徴です。

男女別・年齢別で投資詐欺に触れる人の割合が最も高いのは20代女性で、「投資詐欺に遭遇した」だけでも20.9%となっています。男女を比較すると、基本的には男性の方が投資詐欺に接触しやすい傾向がありますが、20代に関しては女性の方が接触率が高いことからより注意が必要と言えそうです。

3.職業別の接触率1位は学生で36.7%、2位は経営者・役員で35.1%、3位は会社員で27.7%

投資詐欺の経験に関する調査結果を年齢別に集計したところ、以下のグラフのようになりました。

投資詐欺に遭遇した経験(職業別・上位5位)

「投資詐欺に遭遇した」または「投資詐欺と疑われる勧誘を受けた・商材を見かけた」と回答した人の割合は、1位が学生の36.7%、2位が経営者・役員の35.1%、3位が会社員の27.7%となりました。

学生と経営者・役員が投資詐欺に触れる回数が多いことがうかがえますが、「投資詐欺に遭遇した」だけで見てみると、学生の19.4%に対して経営者・役員は11.9%と低い割合です。このことからは学生が最も投資詐欺に巻き込まれるリスクが高く、特に注意が必要といえるでしょう。

4.東京は26.3%と全国平均より投資詐欺に触れる割合が高め、地域別では四国が26.4%で1位

以下のグラフは、投資詐欺の経験に関する調査結果を地域別に集計したものです。なお、地域は八地方区分をベースに、関東地方のみ東京都とそれ以外に分けています。

投資詐欺に遭遇した経験(地域別)

「投資詐欺に遭遇した」または「投資詐欺と疑われる勧誘を受けた・商材を見かけた」と回答した人の合計割合は、1位が四国地方の26.3%、2位が東京都の26.2%、3位が中国地方の22.3%となっています。また、最も割合が低かったのは北海道の14.2%、次いで東北地方の16.2%でした。

東京都の割合の高さからは、都市部において投資詐欺に接触するリスクが高いことが推測されます。この東京を抑えて四国地方が高い割合となっています。地方は都市部よりも高齢者割合が高いことから、詐欺のターゲットにされやすいことが影響しているのかもしれません。

一方で割合が低かったのは北海道、東北地方となっており、北に向かうほど投資詐欺が少ないという結果となっています。投資詐欺の発生しやすさは、地域によって異なることがうかがえます。

5.AI投資に取り組んでいる人の79.0%が投資詐欺に接触している

本調査では、近年話題になっているAI投資や暗号資産など、新しい投資分野における投資詐欺の動向についても分析を行いました。

以下のグラフは、株式・投資信託・FX・暗号資産・AI投資に現在取り組んでいる人を対象として、投資詐欺の経験に関する質問を行った結果をまとめたものです。

投資詐欺に遭遇した経験(取り組み中の投資別)

「投資詐欺に遭遇した」または「投資詐欺と疑われる勧誘を受けた・商材を見かけた」と回答した人の割合が最も高かったのはAI投資に取り組んでいる人で、79.0%と非常に高い結果となりました。

これに続くのが、FXに取り組んでいる人の62.7%、暗号資産に取り組んでいる人の58.5%で、こちらも半数以上となっています。なお、株式に取り組んでいる人は32.8%、投資信託に取り組んでいる人は28.6%と、他のものに比べると低い結果となりました。

この結果からは、未成熟な領域ほど疑わしい情報が広がりやすく、詐欺まがいの勧誘が多いことがうかがえます。新しいジャンルの投資に臨む際には、情報の真偽についてより慎重に判断することが大切です。

6.FXは開始時と上級者になる段階で、投資詐欺と接触しやすい傾向

最後に、投資詐欺の経験に関する調査結果をFXスキル別に集計したグラフです。

投資詐欺に遭遇した経験(FXスキル別)

「投資詐欺に遭遇した」または「投資詐欺と疑われる勧誘を受けた・商材を見かけた」と回答した人の割合は、開始直後の人が75.3%と高く、初級者になっていったん50.0%まで減少したあと、中級者になると63.7%、上級者・プロになると76.5%と増加していくという結果でした。

このことからは、FXを始める知識の少ない段階で「簡単に勝てる方法」といったウマい話に引っかかる人が多いことが推測されます。また、知識を身に付けている上級者・プロも投資詐欺に巻き込まれるケースが多いことからは、詐欺を見極める判断力が高まったことが推察される一方で、経験を積んでも引き続き投資詐欺に警戒することが重要といえそうです。

まとめ

今回の調査結果をまとめると以下の通りです。

  • 投資に興味がない人を含めても、5人に1人が投資詐欺に触れている
  • AI投資やFX、暗号資産といった新しい技術に関する投資やリスクの高い投資に取り組む人ほど、投資詐欺のような情報に接触しやすくなる
  • 若い世代ほど投資詐欺に触れることが多く、特に20代女性が高い傾向にある
  • 職業別では、学生が最も投資詐欺に巻き込まれるリスクが高い

日常生活において投資詐欺は意外と身近な存在で、巻き込まれる可能性は全ての人にあります。そのようなリスクを回避するためにも、投資に関する正しい理解を持つことが大切になるでしょう。

監 修
Runchaテクニカル分析チーム

トレード体験アプリ「Runcha」は、テクニカル分析チームが監修を行っています。これまでにFXおよび仮想通貨初心者向けの学習アプリを開発し、累計100万ダウンロードを突破。「Runcha」はデモトレードの進化版を目指し、トレード練習の概念を一新します。経験豊富な専門家の協力の下、分かりやすく正確な情報を提供しています。


アドバイザリーボード

当サイトでは、バランスの取れた多様で中立的な意見提言を得ることを目的として、各分野における有識者で構成されるアドバイザリーボードを設置しています。それぞれの専門の立場から、ファイナンシャル教育のあり方や、当サイトの運営などについてアドバイスをもらっています。

内田 まさみ ラジオNIKKEI
日経CNBCの番組パーソナリティ
経済雑誌多数連載中
山中 康司 金融リテラシー協会 代表理事
アセンダント取締役
デモトレードの進化版!過去チャートでFX検証
Runcha-デモトレードの進化版!過去チャートでFX検証
Advan inc.
★★★★☆
ストアで入手
表示
© Technical-book. All rights reserved